総合内科

総合内科

 当科では、内科系疾患の総合的な診断や治療を行っていますが、特に「非感染性疾患=生活習慣病」と呼ばれる糖尿病・脂質異常症・高血圧症・メタボリックシンドロームなどの病態について、合併症の検査、食事・運動等の生活指導を行いながら薬剤による治療をしていますが、必要に応じて、専門医や、他の病院への紹介も行っています。

 特に高齢者の患者に対しては、疾患が単一ではない場合が多いため、単一の症状や臓器にとらわれることなく、総合的な視点や各臓器の相互関係を念頭においた最新の診断と治療をめざしています。

 また,ABI検査装置や骨密度計などで動脈硬化や骨粗鬆症を診断し治療することも可能です。
その他、インフルエンザ・肺炎球菌・子宮頸がんなどの予防接種と、各種の検診も行っています。
 
院長 髙橋伯夫