健診・予防接種のご案内

各種ワクチン

ワクチンとは、病気の原因となる細菌やウイルスなどをあらかじめ接種しておき、病気を防ぐ方法です。

インフルエンザ予防接種

「インフルエンザワクチン」は接種してから実際に効果を発揮するまでに約2週間かかります。流行期間が12~3月ですから、 11月中旬頃までには接種を終えておくとより効果的です。また、流行してからの接種は、抗体価が十分上がる前に感染する危険性がありますが、 抗体価が上昇していれば症状が軽くなります。 ワクチン用のウイルスは孵化鶏卵で培養するため、卵などにアレルギー、けいれんの既住症、免疫不全のある人、熱を出している場合などには 接種できないことがあるので、医師に相談してください。
 
当院では基本1回接種で¥3,600で接種させていただきます。(ただし、年度により変わる場合があります。)
 
 

各種ワクチンは、年齢、居住地等により市町村から費用の助成が受けられる場合があります。
詳しくは077-526-2131(代表、医事課)までご連絡ください。

肺炎球菌ワクチン

「肺炎球菌ワクチン」は高齢者の肺炎の原因となる病原体のなかで、最も頻度の高い「肺炎球菌」という細菌を狙った予防ワクチンです。 当然ながら、肺炎球菌以外の微生物による肺炎の予防効果はありません。 くれぐれも「肺炎球菌ワクチンはすべての肺炎に有効ということではない」 ことを理解してください。 さらにこのワクチンには「肺炎予防効果」とともに、肺炎球菌による「肺炎になっても軽症ですむ」、「抗生物質が効きやすい」 などの効果もあります。肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされるいろいろな病気(感染症)を予防する効果のあるワクチンです。
 
当院では1回接種のみで7,560円で接種させていただきます。

健康診断

近年生活習慣病の発病年齢が若くなってきている傾向があります。心身共に健康であることは、人間の最大の幸福であると同時に活力溢れる職場や豊かで楽しい生活づくりの最も基本となるものです。 
私達は、つい、健康であることを忘れがちです。
健康診断の結果が「異常なし」であったとしても、これは「今回は異常が発見されなかった」という意味にすぎず、将来にわたって、健康であり続けるという保証を受けたものではありません。 働く人の疾病を早期に発見すること、また健康状態を継続的に把握する事が健康診断の重要な役割です。 
労働安全衛生規則第44条で、事業者は労働者に対し、1年以内ごとに1回、定期的に健康診断を行うよう義務付けされています。    当院では一般健診、特定健診6月頃~3月、企業健診を随時実施しています。
 
当院の一般健診は尿検査、血液検査、視力、聴力、血圧等で最低限の健診を行なうことができます。    ご予算に応じて当院では予め2種類のセット検査があります(10,800円、5,400円[採血抜き])。またオプション検査など各項目ごとの検査も受け付けていますので    詳しくは077-526-2131(代表、医事課)までご連絡ください。    自分の健康は自分自身で守らなければいけません。自分と家族の為にも年に一度は健診を行い、健康の輪を広げましょう。    血液検査がある場合はなるべく空腹にしてお越しください。

各企業の健康管理者の方へ

当院では随時企業健診を受け付けています。077-526-2131(代表、医事課)までご連絡ください。