消化器内科

消化器内科

当科では、消化管の病気(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)および肝臓、胆のう、膵臓の病気についての診療に、地域のかかりつけ医として取り組んでいきたいと考えています。腹痛、胸焼け、食欲不振、下痢、便秘、血便、体重減少、全身倦怠感などの症状でお困りの方はご相談ください。当院で診療困難な場合も、必要に応じて後方病院との連携・紹介で対応させていただきます。今後は院内の診療機器も充実させていく予定です。  
また、高齢者の方では複数の疾患をお持ちのことが多いので、消化器疾患に限らず、幅広く総合的に患者を診れるよう、プライマリ・ケア医(地域住民のあらゆる健康・疾病に対し、総合的・継続的に対応できる医師)としての役割も果たしていきたいと考えています。消化器以外の症状でも、お気軽にご相談ください。
 
副院長 消化器内科 浅井 哲