地域連携パス

地域連携パスとは

正式には、地域連携クリティカルパスといいます。
 
地域連携パスとは、診療にあたる複数の医療機関が、役割分担を含め、あらかじめ診療内容を患者に提示・説明することにより、患者が安心して医療を受けることができるようにするものです。
内容としては、施設ごとの診療内容と治療経過、最終ゴール等を診療計画として明示します。
回復期病院では、患者がどのような状態で転院してくるかを把握できるため、改めて状態を観察することなく、転院早々からリハビリを開始できるメリットがあります。
これにより、医療連携体制に基づく地域完結型医療を具体的に実現することが可能となります。
 
脳卒中
地域連携パス
連携先医療機関:大津市民病院・大津赤十字病院・滋賀医科大学医学部附属病院
対象疾患:脳卒中
骨折
地域連携パス
連携先医療機関:大津赤十字病院・大津赤十字志賀病院 
対象疾患:大腿骨頸部骨折
がん
地域連携パス
連携先医療機関:大津市民病院
対象疾患:胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん、前立腺がん
連携先医療機関:大津赤十字病院
対象疾患:胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん、乳がん、前立腺がん
連携先医療機関:滋賀医科大学医学部附属病院
対象疾患:胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん、乳がん

在宅医療ネットワーク

在宅医療ネットワークとは、在宅退院に向けて、在宅療養支援診療所や診療所又は訪問看護ステーション等との連携にて訪問系医療サービスが必要な患者の在宅生活をサポートするシステムです。

琵琶湖中央病院の役割

当院では、この様なネットワークを取り入れ、退院困難な患者の在宅療養を支援することを目的としています。 
また、診療所での通院が困難で一時的入院加療を必要とするが、急性期病院では受入対象ではない場合等も当院では診療所の後方支援として、積極的に受入れています。

琵琶湖中央病院の地域との位置づけ

当院は、急性期病院からの受入れ、次のステップとなる在宅復帰または病院・施設への転院の橋渡し役になります。
また、診療所の後方支援として、一時的な入院を受け入れています。
 
  1. 脊椎圧迫骨折及び疑い
    自立した生活が送れていた患者が、、転倒等を機に急に腰痛等を訴え、自立生活が困難となり一時的入院加療が必要と思われるが、急性期病院での入院対象ではない場合等
  2. 肺炎後の臥床
    軽度の肺炎を発症し、一時的入院加療を要するが急性期病院での入院対象ではないケースや肺炎を発症し、治療時の安静により廃用症候群を有してしまいリハビリが必要な患者
  3. 低栄養状態・食思不良
    上記症状改善の為にリハビリテーション(一部療養機能含)等の集中的な治療を行い、症状改善がみられたら退院をしていただきます。当院には長期入院機能はありませんが、可能な範囲の後方支援活動をさせていただきます。
図:地域との位置づけ2

琵琶湖中央病院の関わり方

当院では、在宅退院に向けてのソフトランディングを可能にするため、大津市医師会モデル事業として在宅医療ネットワークの試行的運用をしています。
在宅医療ネットワーク